外画『ウォリアー』に竹内想が出演しました。

竹内想:カール・マルテル他

【ストーリー】

8世紀、北欧のライン川流域に住むフリース人の居住地トレスタッドを征服しようとフランク人は画作していた。古い風習に反対する王の息子レッドボット(ヘイス・ネーバー)は、王や他の民衆と意見が対立していた。その時、フランク人の襲撃を受け王は殺害されトレスタッドは領土にされてしまった。原因は王の息子であるレッドポットにあると非難され、レッドボットは流罪となり海に流される。運良くコトランドの沿岸に辿り着き、地元民として定住する。ある日、野蛮なスヴェア人が上陸し襲撃を仕掛けてくるが、レッドボットは勇敢に立ち向かい彼らを撃退。コトランドの王に認められ王の娘フレアと結婚、やがて子供が誕生する。