竹内想が外画「白髪妖魔伝」に卓一航役(主役)で出演しました!

(ストーリー)
明朝の末期。皇帝が毒殺されて幼帝が皇位を継承するなど、国内は混乱を極める。武術家・卓一航の祖父の軍は女性の盗賊、玉羅殺に襲われるが、卓将軍は部下の金独異に殺されてしまう。そんな中、武術家の卓一航は旅の途中、玉羅殺と出会って彼女と恋に落ちるが、祖父が殺されたことや自身が属する武当派の危機を知って彼女と別れる。やがて卓一航は別の女性を妻に迎えるが、それを知った玉羅殺はショックを受け、真っ白な髪になる。