「マンテラ」
■セル
2012年12月22日(土)発売
■レンタル
2013年1月1日(火)レンタル開始

<ストーリー>
アズマンは、マレーシアのクアラルンプールに暮らす16歳の天才プログラマー。
特技はオンライン対戦ゲームで、その世界では無敵の戦士として知られているが、
普段通っている国立工科大学では内気な少年として平凡な学生生活を送っていた。

そんなある日、彼のもとに送り主不明の箱が大量に送付されてくる。
何かの機械の部品らしく、不審に思いながらも組み立てると、それはスーパーバイクだった。
ボディーには「マンテラ」との文字が記されている。不思議なことにアズマンがバイクに手をかざすと、
手を包む電磁波がグローブに変化する。そのブローブをはめてバイクを走らせていたとき、
偶然の事故でトラックにひかれるが、アズマンはかすり傷ひとつ負っていなかった。
衝突したその瞬間、バイクが変形して外骨型パワードスーツになり、身をかわすことができたのだ。
同じ大学の友人のケヴィンや片思いの少女ディーナの協力を得て分析した結果、
バイクのメカ回路がアズマンのDNAと結合し、機能することが分かる・・・。